タイトル

第2回STI政策シンポジウム

テーマ

「ビッグデータと政策のための科学」

開催日時

2014年3月17日(月) 14:00~17:30

会場

博多都ホテル 孔雀の間(3F)

主催

九州大学科学技術イノベーション政策教育研究センター

講演者

稲田 修一(東京大学 先端科学技術研究センター 特任教授)
横尾 真 (九州大学大学院 システム情報科学研究院 教授)
加河 茂美(九州大学大学院 経済学研究院 准教授)

内容

 近年、経済・社会をとりまく状況が大きく変化する中にあって、その変化に適切に対応するため、科学技術イノベーション政策への期待が高まっています。また、科学技術イノベーション政策を推進するためには、経済・社会における課題を多面的な視点から分析し、その解決に必要な政策を客観的根拠(エビデンス)に基づいて立案・実行する必要があります。
 客観的な根拠に基づく科学技術イノベーション政策の支援を目的とする「政策のための科学」にとって、いわゆるビッグデータの政策的な利活用の検討が、新たなチャレンジとなっています。このシンポジウムでは、第一線の研究者による講演を手掛かりに、科学技術イノベーション政策の立案・実行におけるビッグデータの利用可能性と、その限界について考えてまいります。

参加対象

どなたでも参加できます。

定員

140名(応募多数の場合は先着順とさせていただきます。)

参加費

無料

意見交換会

博多都ホテル スターライト(12F) 17:45~

意見交換会会費

2,000円(会費は当日のお支払となります。)

申込方法

参加申込ページに必要事項を記載し、ご登録下さい。
(個人情報保護のため、お申込み情報の第三者への提供は致しません。)
九州大学科学技術イノベーション政策教育研究センター
TEL:092-802-6650 FAX:092-802-6654
E-mail: office@sti.kyushu-u.ac.jp

URL